BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

屍人荘の殺人 〈屍人荘の殺人〉シリーズ

こちらで購入可能

想像を絶したクローズドサークルでの、想像通りの密室殺人。期待を裏切りまくるミステリ!

要約

神紅大学の映画研究部は毎年ペンションを借り切って夏合宿を行っていたが、今回は直前になって「今年の生贄は誰だ」という怪文書が届いた。ミステリ愛好会の葉村と明智は同じ大学の美少女探偵 剣崎 と映画研究部の合宿に同行することになる。

参加者たちはペンションでバーベキューや肝試しを楽しんでいたが、いきなり外部との交渉が完全に断たれてしまう。

内側から鍵のかかった部屋で不可解な殺され方をした犠牲者。想像を絶するクローズドサークル。予想できない「名探偵」の去就。

過酷な状況で剣崎たちは、謎解きに立ち向かう。

感想・考察

クローズドサークルサークルの作り方が衝撃的だが、ミステリとしてみると「密室の連続殺人の謎を解く」という王道の展開だ。

ドアの鍵やエレベーター、内線電話などの舞台装置が使われて、論理的に考えていくと犯人を絞ることができる。

ペンションを周囲から断絶させている状況は斬新だが登場人物たちはいたって冷静に対処しており、ペンション内部での「本格推理」の妨げにはなっていない。

そもそも「本格推理」は、独自のルールにのっとたファンタジーだ。

リアリティを追求しながら、現実の問題に切り込む「社会派ミステリ」という方向に行くこともあれば、徹底的にファンタジーとして楽しませる方向もあるだろう。登場人物が多いと把握するのが面倒になるが、極めて分かりやすい名前の付け方をするなど非常に親切設計になっている。そういうデフォルメも辞さずリアリティーよりフィクションとしての面白さに寄せている。

ペンションの中の「本格推理」は解決したがペンションの外の出来事は未解決のままだった。続編が楽しみだ。「名探偵明智」のことも気になる。。

こちらで購入可能

コメント


メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。