BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

法律事務所×家事手伝い1 不動正義と水沢花梨と最初のスイーツ

こちらで購入可能

雑司が谷の正義の味方、家事手伝い独身40男のヒロイズム

あらすじ・概要

不動正義は父親の法律事務所で調査員として働いていた。継母の連れ子である 水沢花梨とその娘汐里が家に戻り新たな生活が始まった。

二人を迎えるため部屋を片付けていた正義は、不動家祖先の洒落斎が遺した「水蜜六」という地域別旅行ガイドの様な古い文書に興味を持った。

その頃、正義は娘を虐待死させた母親の公判を傍聴し報告するよう、その夫である大庭から依頼を受けていた。裁判傍聴のため立ち寄った川越で「水蜜六」にあった「紅赤丸」が気になり、和菓子店で話を聞くが分からないと言われる。その後、正義は裁判の公判で、その和菓子店の女性店主である初美の姿を見かけた。

正義は初美の主宰する和菓子作り講習会に参加し、裁判の話を聞いた初美は正義に近づこうとし、「紅赤丸」の試作品をもって彼の弁護士事務所に訪れた。

正義に傍聴報告を依頼した大庭は、面倒なことに巻き込まれるのを嫌い情状陳述への協力も拒否した。実子と妻が関わる事件に対してあまりに無責任な正義はいらだつ。

やがて大庭が軽傷を負う事件が起こったが、彼は事故だと主張し丸く収めようとしたが、彼を病院に連れてきた女性が、拘留中の彼の妻の名を記載していたことから、謎が深まっていく。

感想・考察

謎解きサスペンス+ファミリードラマという感じ。主人公の不動正義が中々癖のあるキャラで面白い。不器用だが自分の人生に責任を持って生きている正義と、全ての面倒から逃避しようとする大庭の対比が際立っている。やっぱり逃げる人生は格好が悪い。

既に10巻以上出ているシリーズで、全て Kindle Unlimitedで読めるようなので、順番に読んでみよう。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。