BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping?

こちらで購入可能

ネットワークに拡散するAI「トランスファ」、

やけにリアリティのある近未来SF。

あらすじ

Wシリーズの4作目。人造人間であるウォーカロンを人間と識別する装置を研究している「ハギリ」が主人公。

前作で100年以上停止していたスーパーコンピューター「アミラ」を起動したことで、「デボラ」というプログラムが動き始めた。「デボラ」は「トランスファ」と呼ばれる分散型のプログラムでネットワーク上に散らばり、何かを実行する際に処理を集中させる。ウォーカロンに使われるチップには開発者がバックドアを仕掛けており、「デボラ」はウォーカロンをメディアとして自在に操ることができる。また、この時代の人間にはネットワークに接続するチップや思考や記憶を補助する何らかのチップを組み込まれており、部分的には「デボラ」に干渉される。

またフランスで稼働していた「ベルベット」というスーパコンピュータも「トランスファ」を使い、人間世界に干渉・破壊しようとしていた。「アミラ」と「ベルベット」という2つのコンピュータが「トランスファ」を使い、勢力争いを繰り広げる。

人間社会への甚大な被害を止めようとする「アミラ」は「ベルベット」を止める戦略を練るが、コンピュータ同士の完璧な読み合いで膠着状態に陥る。「ハギリ」たち人間の非合理な思考が突破口となり、「デボラ」を受け入れたウォーカロンである「サリノ」の貢献によって「ベルベット」を一時的に止めることに成功する。

感想・考察

前作までの静かで思索的なストーリ展開から、一気に動き出した。「マトリックス」のようにコンピュータのプログラムが戦いを演じ、人間が重要な役割を果たしていく、近未来SFの王道というような展開となっている。特定の宿主を持たずネットワークに偏在する「トランスファ」の観念や、ネットワークやコンピュータの処理能力が上がってきた現在の状況を見ると十分にあり得る脅威なのだと思う。

やはりこの作者は生粋の科学者でSF的な舞台装置を作り出すことは非常にうまく説得力がある。加えて「ハギリ」とボディーガードの「ウグイ」の掛け合いなど人間的な描写も楽しく描かれている。次回作を読まざるを得ない作品。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。