BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

魔眼の匣の殺人 〈屍人荘の殺人〉シリーズ

こちらで購入可能

本格推理 × オカルト× ミステリアス美女探偵!!

 

要約

前作「屍人荘の殺人」でテロに巻き込まれた葉村と剣崎はテロで使われた技術を生んだ「班目機関」について調べていた。

とあるオカルト系雑誌に、二人が巻き込まれたテロ事件が数か月前に予言されていた記事を発見し、そこには「M機関」との記載もあったことから調査を進め、W県の山奥の真雁地区に、かつて「班目機関」の研究所だった施設があることを突き止める。

 

葉村と剣崎はバスで出会った高校生の男女、ガス欠で立ち往生したバイク乗り、墓参りに来た女性、親戚の葬儀に訪れた親子と一緒に、真雁の施設に訪れる。施設には サキミと呼ばれる予言者と彼女の世話係、そしてオカルト雑誌の記者が滞在していた。

サキミ は「これから2日の間に、ここで男女2人ずつが死ぬ」と予言し、その夜、唯一外部と繋がっていた吊り橋が焼き払われる。

完全に孤立した11人は疑心暗鬼になりながら予言の2日間に立ち向かう。

 

感想・考察

前作の様なパニックホラー要素はないけれど連続殺人の緊迫感があり、本作の方が怖さを感じた。

剣崎の探偵っぷりも「知性で犯人の暴力を上回る」爽快さがあった。オカルト要素が組み込まれつつも論理的に考えていくと、犯人の意図も探偵の意図も理解可能なちゃんとした「本格推理」ものになっている。

前作・今作両方の事件の背景にある「班目機関」については未だ全容が明かされていないが、「コナンと黒の組織」的に、作品ごとの個別事件とシリーズを通底する謎が平行するパターンだと理解した。

願わくば数十年かけることなく伏線を回収しきってほしい。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。