BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

人生が変わるアウトプットの技術: ~人間関係・収入・変化・自己受容~全てを叶える新時代のアウトプット術とは?~

こちらで購入可能

Kindle出版のススメ!

要約

電子書籍の出版というアウトプットで人生が変わる、と説く本。

  • アウトプットに最適な時代

品質では差別化できなくなり、「人が重視される時代」となった。「人」「ストーリー」をアウトプットすることがビジネスの基盤となる。

アウトプットの手段として電子書籍が優れている。市場全体として成長期であり、参入も容易。

  • 電子出版のメリット

電子出版であれば誰でも本が出せる。また初期費用もほとんどかからない。

やり方によってはカテゴリベストワンを狙うことができ、自分のブランディングに役立つ。

  • 本を書き上げる方法

執筆テーマが決まらない場合、以下の7つの質問を手掛かりにする。

 ①人生で一番時間を費やしたことは?

 ②一番お金をかけてきたことは?

 ③たくさん経験したことや、数を集めたものは?

 ④よく相談される内容は?

 ⑤よく読む本のテーマは?

 ⑥いつもチェックするコンテンツは?

 ⑦人生でのどん底の経験は?

読者層を意識する。対象が多いところを狙うか、ニッチを狙いその分野でのポジショニングを取るか、どちらの戦略もあり得る。

出版経験者が周囲にいると、簡単にできるような気になる。

ゼロから本を書き出す方法として以下のステップを紹介。

 ①同じテーマの本を5〜10冊購入する

 ②目次を書き出す

 ③小見出しを選ぶ

 ④自分の過去記事を使う

 ⑤ネタになりやすいテーマを書き出す

  「ノウハウ、具体的な事例、よくある質問、例え話、関連データと市場分析、テンプレート、応用発展、未来予測、マインドセット、関連ニュース、アクションプラン、あなたからのメッセージ」の12個。

 ⑥書けるところから書く

 ⑦記事をグループ分けして入れ替える

 ⑧まえがき・あとがき を書く

 ⑨タイトルを決める

文字数は最低2万文字を目安とする。

表紙画像は極めて重要。外部業者に依頼することを勧める。

  • 本をAmazonに並べるまで

 原稿を電子書籍データに変換する。これも外部業者に依頼できる。

KDPに登録する。KDPセレクトに登録すると他で出版できなくなるが最大70%の印税が得られる。また読み放題サービスの Kindle Unlimitedに登録され、読まれたページ数に応じても支払われるようになる、

  • 電子書籍がビジネスを加速

 神の本と違いサイトへの誘導がしやすく、見込み客を集めるのに効果的。

「本を出した」ということだけで社会的な立場を得やすいし、特定カテゴリでも「Amazonで販売一位となった」という実績があればネームバリューとなる。 

感想・考察

それほどボリュームのある本ではないが、電子書籍の出版のため具体的に着手すべき点が、テーマ設定から、執筆、データの提出まで、この上なく具体的に説明されている。これなら自分でも出版できそうだ、という気分にさせられた。

自分の経験や読書傾向などからテーマを選ぶことはできそうだし、最初から厳密に構成を考えて書くよりも、書けるところから始めて、後で分かりやすく並べるとか、とにかく初心者が手を付けやすくすることに配慮している。

電子書籍の出版に関心がある自分には、素晴らしく参考になった。 

こちらで購入可能