BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』 東川篤哉

こちらで購入可能

倒叙ミステリ × ユーモアミステリ × 魔法使い!?

あらすじ

39歳独身の椿木綾乃警部に罵倒されるのを楽しみしている 小山田聡介刑事が、魔法少女マリィの力を借りて事件を解決していく。

  • 魔法使いとさかさまの部屋

映画監督 南の妻が離れで殺害されていた。

現場は椅子やテーブル、旧式のブラウン管テレビなどが逆さまにされるという奇妙な状況だった。

魔法少女マリィの「嘘を付くとくしゃみをする魔法」で南が犯人であることが分かったが、片腕を怪我していて短時間で部屋の家具をひっくり返すことはできない状況で、どのように犯行を行ったのか見極める必要があった。

  • 魔法使いと無くしたボタン

スタジオでダイエットを指導する泉田は、被害者をスタジオ近くに呼びつけ、僅かな休憩時間で殺害し、後から遺体を被害者宅に持ち込み強盗に見せかけた。

マリィが魔法をかけた「本当のことを言うコーヒー」で泉田が犯人だと分かったが、推定死亡時刻にはスタジオにいたというアリバイがあり、その後被害者宅へ行ったという証拠がつかめなかった。

  • 魔法使いと二つの署名

モノマネ芸人の松浦は、所属芸能プロダクション社長が不動産会社の女性に入れ込んで、芸能活動を軽視していることに憤りを感じていた。松浦は衝突の末社長を毒殺し、社長の筆跡をまねて遺書を偽造して自殺に見せかけた。

社長の自殺に不信感を抱いた不動産会社の女性は、松浦の自伝本にサインさせることで筆跡を確認し、松浦の犯行であることを見抜いたが、彼女もまた同じ手口で殺されてしまう。

マリィの魔法で無理やり署名させられた松浦だったが、警戒して筆跡を変えたため証拠を残すことはなかった。

小山田刑事は別の切り口から遺書の偽造を証明しようとする。

  • 魔法使いと代打男のアリバイ

野球選手の菅原は、妹を自殺に追い込んだ男を恨み殺害を計画、自分と瓜二つの男に協力してもらい、完璧なアリバイを偽装した。

マリィの「本当のことを書いてしまう魔法」で松浦が犯人であることは分かったが、完璧なアリバイを崩すことができなかった。

マリィの魔法で菅原のファウルボールをホームランにしたことが解決の糸口となった。

感想・考察

さすがに「魔法使い」はミステリの世界観にそぐわないと思ったが、ちゃんとミステリになっているのがすごい。倒叙形式の追いつめられる緊迫感もちゃんと伝わってくる。「とりあえず魔法で犯人は分かるけど、魔法に証拠能力はないので、そこから証拠を探していく」という展開は新しい。

キャラがそれぞれ個性的でコメディー色が強く、設定も風変わりなのに、きちんとミステリとして成り立たせているのはさすが。

シリーズ化しているようなので、続きも読んでみよう。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。