BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

安楽椅子探偵アーチー

こちらで購入可能

「安楽椅子で推理する探偵」じゃなくて「安楽椅子が探偵」!

もう設定だけでお腹いっぱいです。

 

あらすじ

小学生の少年 及川衛は骨董屋で見かけた「寝息を立てる椅子」に興味を惹かれ、誕生日プレゼントを買うために渡されたお金でその椅子を買う。

第二次世界大戦終末期の上海で意識を持ち始めた椅子は人間の言葉を話すことができた。

 

首なし宇宙人の謎

衛のクラスメートでミステリ好きの野山芙紗が、先日起きた「家庭科課題のカバンの切断事件」を推理し、容疑者である担任に直訴しようとしていた。担任の犯行と思えなかった衛は椅子に相談し事件の真相に辿り着く。

衛と芙紗 は椅子に「アーチー」と名付け様々な相談をするようになった。

 

クリスマスの靴の謎

12月の横浜駅周辺で、酔っ払いに絡まれた男が靴で相手を殴ろうとし、靴を落としていなくなってしまった。衛の父は靴を拾い処置に困っていた。衛はアーチーの助言を受け靴を分解し、踵に押し花が隠されているのを見つけた。

その頃、天才バイオリニストと呼ばれた少女がレストランでの食事中にコサージュの花を盗まれるという事件が起こっていた。アーチーは靴の押し花とコサージュの花を結び付け推理を披露する。

 

外人墓地幽霊事件

社会科見学で横浜の外国人墓地に来ていた衛と芙紗は、墓地入り口の張り紙にピンクのチョークらしきもので落書きされているのを見つけた。

ある文字だけピンクでなぞられているのが何かの暗号だと芙紗は解読を試みる。写真に写っていた指にチョークの粉を付けた女性がカギを握ると芙紗は外人墓地に何度か訪れ真相を探ろうとする。

 

緑のひじ掛椅子の謎

芙紗は愛読しているミステリ雑誌で第二次世界大戦末期の上海を舞台とした「緑のひじ掛椅子」という小説が賞の候補作となっているのを見つける。

アーチーから聞いていた話とそっくりだったため「元の持ち主を捜して欲しい」と頼まれていた衛は、小説を投稿した作者と話をしようと試みる。

作者の老人は、上野で行われるコンサート会場で会うことを提案してきた。

 

感想・考察

そういう「安楽椅子探偵」ってありなのか!?と驚愕する展開だった。

個別の話は、ミステリとしてちょっと無理のある展開だが、設定の意外さと少年少女の冒険譚としての面白さで引っ張られるように読まされた。

独創性のある作者さんだと思う。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。