BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

だいじな本のみつけ方

こちらで購入可能

日常系ミステリ × 青春小説 × 本が好き!

本がもたらす素敵な出会いは、大崎梢さんの真骨頂ですね。

あらすじ

中学二年生の中井野々香の本を巡る2つのストーリー。

  • だいじな本のみつけ方

中学二年生の野々香は、学校でお気に入りの作家新木真琴の新作文庫を見付ける。

慌てて本屋に走り探すが、店員の青山さんに調べてもらうと、その本はまだ発売されていないことが分かった。

見間違いだったとは思えない野々香は、誰が発売前の本を手に入れていたのか調べようとする。野々香の同級生で図書委員の高峯秀臣も話を聞きつけ捜査に加わる。野々香は秀臣の強引で配慮の足りない調べ方に苛立つが、最終的には本の持ち主を探り当てることができた。

本を探す過程で作者の新木真琴と知り合った野々香たちだったが、普段から騒がしい秀臣が急におとなしくなってしまった。どうやら汐里という少女に惚れこんでいるようだが、秀臣は新木先生と深い関係があるという。

新木先生は自分が作者であることを隠し、近所の本屋に通っていたがある時から急に本屋に行かなくなってしまった。本屋の店員の青山さんも何か失礼があったのではないかと心配している。

野々香たちは「中学生お勧めの本」を紹介するPOPフェアを書店で企画し、新木先生と青山さんの誤解も解けていく。 

  • だいじな未来のみつけ方

「中学生のお勧め本、POPフェア」の成功を聞きつけ、野々香の出身小学校の校長から、 小学生と中学生が交流できるイベントを考えて欲しいと相談を受ける。

野々香が、秀臣や友人のルナ、荒木君と企画を考える。小学生の頃、公民館で本の読み聞かせがあったことを思い出したが、なぜか秀臣は強い拒否反応を示した。

野々香とルナは公民館を訪れるが、かつて読み聞かせの上手かったビトさんは既にいなくなっていた。

何とかビトさんを探し当てた野々香たちだが、ビトさんはかつてある少女を傷つけてしまったことを悔やみ、それ以降読み聞かせから離れてしまったという。野々香たちは、その少女を探し、誤解を解こうとする。

やがて小学校との交流会で、野々香たちは読み聞かせを披露する。 

感想・考察

優しい話だ。

書店員から出版社、作者の立場まで経験して本づくりに深くかかわり、本への強い愛を持つ大崎梢氏。本に関わる謎と本が結び付ける人間の絆は、大崎さんが本領発揮するテーマだ。

私も本が好きだ。読書はすごく個人的な行為で、本について人と語ることはあまりないけれど、好きな本の話を誰かとするのは楽しい。いいなと思う本を紹介して読んでもらえたりすると嬉しい。

この本では、書店員の青山さんが「本当に好きなものを伝えるのは恥ずかしい」と言っていて、その気持ちもとてもよく分かるのだけれど、 あまりガードを上げずに好きなものは好きだと言ってしまうのがいいのだろう。

大崎梢さんも私の好きな作者の一人です。

こちらで購入可能