BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

しょぼい起業で生きていく

こちらで購入可能

「大成功」より「死なない」起業。

えらいてんちょうさんの人間力は相当なモノ。全然「しょぼく」はないです。

要約

著者の「えらいてんちょう」が、しょぼい起業から事業を拡大してきた実例を語る。巻末では Ph aさん、借金玉さんとの対談を載せている。

えらいてんちょうは「嫌な仕事をする必要はない」という。

数十年前は最適解だったサラリーマンという選択肢はすでに崩壊し始めている。今の日本では、お金はそれほどなくても死ぬことはない。

嫌なら逃げればいい。

「しょぼい起業」では外部からの資金調達などはせず、「生活の資本化」、「資産の資本化」から始める。

「生活の資本化」とは、今住んでいる家を店舗にしたり、今行っている通勤を物流に使うなど、すでに生活コストとしてあるものを活用する方法。

「資産の資本化」は、既にもっている自動車を空き時間に貸し出すなど、すでに持っているモノでお金を稼ぐことを指す。

「起業で稼いだお金で生活する」のではなく「今の生活でやれること、やっていることを事業化する」という考え方。

「しょぼい起業」でも実店舗があると信頼が得られる。

家賃の二重払いをするくらいなら店に住んでしまえばいい。店はオープンにして常に人がいる状態にすることが大事。そこに「人」がいるからできることが広がる。

「しょぼい起業」で雇用契約を結んで人を雇うのは適さない。

友好関係・信頼関係のある人に、自分のの技術や「やりがい」を提供し、労働力や技術を提供してもらう緩い関係を築く。

「居心地のいい場所」を作り「ストレスのない状態」を維持することが鍵。

広告宣伝に多額の資金を回すことはできない。自分の足と愛想を使うのが一番。

リアルな口コミが一番強いので、安価な景品などで人を呼び込むことも有効。

店舗の宣伝にSNSを使うよりは、先にSNSでフォロワーを集めてから、SNSの世界を店舗で具象化するのが理想。

現状ではTwitterが強いが、テキストベースから動画ベースに移行しつつあり、Youtubeが主流になると考えている。何となく楽しそうな「賑わい感」を演出する。

感想・考察

「しょぼい起業」と銘打っているが、やっていることは全然しょぼくない。

えらいてんちょう のコミュニケーション能力の高さ、アクティブさ、粘り強さは圧倒的だ。「誰にでもできる」ことはないだろう。

それでも色々と参考になる点があった。

起業をするならできるだけ「軽く」始めるべきだというのはよく分かる。

すでに自分がもっている資産や、すでにやっていることなど、追加投資は最低限にして「使えるものは使う」という考え方が「しぶとい事業」を生むのだろう。

また、最後は「人間同士の信頼関係が大事」というのも、当たり前だが軽視してはいけない点だろう。大資本なり圧倒的なシステムなりを持っている大企業と比べ、個人レベルでの事業であれば「人と人の関係」がダイレクトに効いてくる。いや、実際には大企業であっても、内部では「信頼関係」が重要な要素なのだろう。

「Lean Startup × 人間の絆」ってことですね。

こちらで購入可能