BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

大人のための言い換え力

こちらで購入可能

「ハゲ」はダメ。

「頭髪に問題のある人」と言い換えよう!

要約

状況に応じて、言葉の難しさや、厳密さを調整して言い換える「言い換え力」の大事さを説く。2章ごとに各視点で「ぴったり系」と「ゆったり系」の表現を対比して説明している。

第1章 知的に言い換える

和語を漢語に言い換えてかっちり表現する。「きまり」→「規則」など。

和語や漢語を外来語に換えて斬新さを出す。「前菜」→「オードブル」など。

伝統的な雅語に換えてしっとり表現する。「電気がつく」→「明かりが灯る」など。

感覚的な表現を分析的に表現する。「有名だ」→「知名度が高い」

冗長な表現を凝縮する。「多い少ない」→「多寡」

副詞で硬い表現を使う。「一番」→「もっとも」など。

第2章 分かりやすく言い換える

難しい表現に説明を添える。「コマセ」(魚を集めるための撒き餌)

外来語の区切りを示す「スポンサードリンク」→「スポンサード・リンク」

分かりにくい漢語を言い換える。「齟齬」→「食い違い」

外来語を馴染みある表現にする。「教育バウチャー」→「教育助成金」

略語を正式名称に置き換える。「モンペ」→「モンスター・ペアレント」

総称を代表的な固有名詞に換える。「交通系ICカード」→「Suica」

第3章 正確に言い換える

類義語を正しく選択する。病院が「繁盛」→「はやっている」

限定性の強い語に換える。「免許を新しく」→「運転免許を更新」

一義的な文にする。「出所した」→「事務所に出勤した」

連語を正しく選択する。飛行機を「運転した」→「操縦した」

適切な専門用語を使う。「天気予報士」→「気象予報士」

第4章 やわらかく言い換える

生々しい表現をぼかす。「飛び込み自殺」→「人身事故」

語感を好ましいものに換える。「問題点」→「改善点」

肯定的な評価に換える。住宅街が「ひと気がない」→「閑静な」

プライバシーのためぼかす。「同業への転職」→「一身上の都合」

第5章 ダイレクトに言い換える

直接表現で注意喚起する。「人身事故」→「死亡事故」

直接表現で社会問題提起。「天引き」→「搾取」

第6章 イメージ豊かに言い換える

特徴を捉えた換喩。「小学生が歩く」→「ランドセルが歩く」

上位観念を活かした提喩。「都立図書館」→「都会のオアシス」

イメージを豊かにする隠喩。「9秒台を記録」→「10秒の壁を破る」

オノマトペを使う。アイスが「やわらかい」→「ふんわり」

肯定的意味を含ませる。「結果」→「成果」

否定的意味を含ませる。「結果」→「影響」

常識をずらす表現。「4千本安打達成」→「8千回の悔しい思い」

第7章 素直に言い換える

クッション言葉を使う。「急がれる気持ちは分かりますが」など。

ポジティブに換える。「どうでもいい仕事」→「他に大事な仕事がある」

第8章 おだやかに言い換える

傷つけない表現を選ぶ。「デブ」→「恰幅がいい」

PC(政治的公正性)に留意。「父兄」→「保護者」

否定的な表現を好ましく。「気が弱い」→「優しそう」

オブラートに包む。「頭おかしい」→「違和感を覚えた」

上から目線を避ける。「感心した」→「勉強になった」

第9章 シンプルに言い換える

実質的な意味のない表現を削る。「静御前という人は」→「静御前は」

複数の分を繋ぐ。

段落攻勢を参考にチャート化し、再構成する。

テンプレートを活用する。

第10章 言葉を尽くして言い換える

情報不足に肉付けする。

「なぜなら」「そのため」「たとえば」で話を掘り下げる。

予告や具体的な説明、印象的な表現で行間を埋める。

相手に配慮した表現でボリュームを稼ぐ。

感想・考察

言語表現は様々な軸でトレードオフの関係にある。

分かりやすい表現が必要なこともあるし、知性を感じさせる硬い表現が望ましいこともある。学術論文などでは厳密な表現が求められるが、日常表現ではぼかすことも大事だ。

文章の目的や読み手を考え、意識的に表現手段を選択することが、読みやすく伝わりやすい文章のために重要なのだ。トレードオフを意識すること、それを使いこなせるだけの語彙や文章力をトレーニングで身に付けることが必要なのだろう。

文章力向上のためのヒントをもらった。

こちらで購入可能