BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

掟上今日子の遺言書

こちらで購入可能

一日しか記憶がもたない忘却探偵。

4作目にして変態っぷりに磨きがかかる!

あらすじ

隠館厄介(かくしだてやくすけ)は、道を歩いていて飛び降りた中学生少女に激突してしまう。厄介自身も大けがを負い、少女は意識不明の重体となった。

完全な被害者であるはずの厄介だが、冤罪体質が災いしてなぜか加害者扱いされてしまうが、少女は遺書を用意しており、明らかに自殺を図ったものと思われた。

遺書の内容は「少女は自殺を礼賛する漫画の影響を受けた」と思われるもので、その漫画の作者 阜本は筆を折る決意をしてしまう。

阜本を推していた、厄介の元上司である出版社の紺藤は、この事件に違和感を感じ、厄介を通して、一日しか記憶がもたない「忘却探偵」掟上今日子(おきてがみきょうこ)に調査を依頼した。

阜本の作品を読んで予習した今日子は、紺藤の違和感の理由をすぐに感じ取り、阜本や少女の周辺に聞き込みを開始する。

タイムリミットのなか「忘却探偵」は真相に辿り着くことができるのか。

感想

「一日しか記憶がもたない探偵」って、無理のある設定だなと思っていたが、これでシリーズ4作目、ちゃんと成立させているのがすごい。

個人的には「遺言少女」の気持ちがよく分かる。

自分の好きな本を知られたくないから、本を借りるときには「ライトノベルと純文学」「SFとビジネス書」など、対照的な分野の本でバランスを取っていた、という行動に親近感を覚えてしまう。

実際には「誰もお前の読書傾向何て興味ないよ!」ということで、自意識過剰が過ぎるのかもしれない。ただ自分の本当に好きなモノ、本当に大切にしていることに踏み込まれるのは何よりも怖い。

中学生少女ならともかく、いい歳して「自分軸が定まってない」のは格好いいものではないですね。。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。