BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

誰も僕を裁けない

こちらで購入可能

あらすじ

〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」「虹色の歯ブラシ」に続く、上木らいちシリーズ第3弾。

埼玉県に住む高校生の戸田公平は同級生の春日部が援助交際している現場をのぞいてしまう。その後、春日部は自殺してしまい、実際にはレイプされている可能性もあったと思い至り、罪の意識にさいなまれる。

数年後、戸田は埼(みさき)という女性からアプローチを受け、埼玉県にある彼女の家に深夜に侵入する。ところが埼が未成年だったことから、埼玉県淫行条例違反で逮捕されてしまう。

その頃、上木らいち の元に「メイド衣装セット」が届く。大手企業の社長である逆井東蔵からの手紙が同封され、ゴールデンウィークの期間限定で、東京都内の逆井邸でメイドとして働いてほしいと書かれていた。

逆井邸で東蔵とその妻、火風水(ひふみ)、3人の息子一心、二胡、三世、一人娘の京(みやこ)、執事の渋谷と共に過ごすこととなるが、何故からいちに対する態度がおかしい。 そしてその夜から逆井邸での連続殺人が始まる。

感想・考察

「ま〇る館なんて手垢のついた設定」といいつつ、めいっぱい利用してギリギリを攻める。細かい情景描写や、変態プレイの内容まで漏らさず伏線として回収する。本格ミステリへのこだわりが感じられる。

そして、作品内で語らせている通り「社会派ミステリという形ではなく、本格ミステリの枠の中で社会へのメッセージを伝えよう」とする試みが見られる。

作品内で、道徳・倫理よりも法令の条文に杓子定規に従う司法組織に違和感を覚えていた少年は、やがて法令を司る側に身を移す。
ところが本書自体をメタ的見ると、リアリティだとか社会的な正しさは無視して、本格ミステリのルールに厳格に従い、論理パズルとして徹底されている。杓子定規な現実社会を映す鏡であり、皮肉でもあるのだろう。

上木らいちシリーズは、「援助交際」とか「下品な下ネタ」とか賛否両論を呼ぶ設定だが、そのメッセージは面白い。
「何だよ、この下劣な展開は!?」という思いが、いつか「何なんだ、この下劣な世界は」という思いに入れ替っていく。

私は好きな作品。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。