BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

魔法使いと最後の事件

魔法使いと最後の事件

こちらで購入可能

「魔法使いマリィ」シリーズ第4弾!

本格倒叙ミステリ × 奥様は魔女

あらすじ

・魔法使いと幻の最終回

売れないお笑い芸人の富雄は、保険金目当てで小説家の叔父を殺害した。殺害現場の部屋に人が来た時に叔父の声を真似て返事したことから偶然アリバイが偽装される。

印象の薄い刑事小山聡介は、以前、魔法使いのマリィと一緒に生活し、彼女の自白を促す魔法などに助けられていた。ところが、オカルト雑誌の記者に写真を撮られたことでマリィは急に姿を消してしまった。

マリィに頼れない聡介は、今回は自分自身の力で、富雄のアリバイを崩す証拠を見つけ出す。

・魔法使いと隠れたメッセージ

塾講師の熊田司郎は、大学准教授でテレビタレントでもある妻美幸に罵られ、思わず殺してしまった。美幸は死に際にダイイングメッセージを残したが、司郎に見つかり捨てられてしまう。同じ大学の教授が当日美幸のアパートを訪れたことが目撃されていて、有力な容疑者として浮上していた。

なんだかんだあって聡介の元に戻ってきたマリィは、大学教授に魔法をかけたる。教授は不倫の告白はしたが犯行は行っていないことが判明した。

真犯人の司郎はダイイングメッセージの跡を使って、教授に罪を押し付けることを画策した。

・魔法使いと五本の傘

音無辰哉は片思いの相手を会社の先輩に取られたショックから衝動的に殺してしまう。

マリィの「真犯人だったらマリィにウェディングドレスを買ってあげたくなる」という難に度の高い魔法で音無の犯行であることを見抜くが、証明する証拠がなかった。音無が取り違えた傘をヒントに彼の偽証を切り崩していく。

・魔法使いと雷の奇跡

高岡祐一は土地を狙い叔父の殺害を計画する。祐一は仲間と共謀し、叔父が祐一を襲っている現場を目撃させ、正当防衛を偽装した。

マリィは「嘘をつくと鼻が高くなる魔法」で、祐一の偽装を見抜くが証拠がない。殺害に使った凶器と偽装に使った凶器が二つあると考えた聡介だったが、本当の凶器の丸太はたき火で燃やされてしまった。

雷の起こした奇跡が聡介たちに味方した。

感想・考察

「魔法使いマリィ」シリーズの第4弾で多分最終巻。

人物描写が「ギャグ寄り」で、繊細な心理描写とかはない。なのでマリィと聡介いつの間にか結婚していることに唐突感があり、それもまたギャグっぽい。やっぱり安定感のある面白さだ。

一方で、犯行現場から始まる「倒叙ミステリ」として、犯人側が追いつめられる緊迫感がきっちり出ている。またマリィの魔法でもう一度犯人が分かった後に、客観的な証拠を見つけて追い詰めていくのが二重の倒叙になっているというのも面白い。

なかなか独自性のあるシリーズだったが、二人の仲が落ち着いちゃったので、次回作は出なそうな感じ。ゆるい雰囲気が好きだったのでちょっと残念。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。