BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

カワセミの森で

カワセミの森で

こちらで購入可能

あらすじ

前作である 「山桃寺まえみち」では女子大を休学し祖母の居酒屋を預かっていた 桑山ミラの高校時代の前日譚。

 

ミラの通う女子校に、超お嬢様の 深山サギリが 転校してきた。
あまりに自然なお嬢様態度に苛立った不良グループが、サギリを体育館裏に呼び出し、シメようとしたが、豹変したサギリの返り討ちに会う。

その後、いつものサギリに戻ったが、具合が悪かったため、ミラが彼女を深山家まで送り届け、その常軌を逸した豪邸っぷりにミラは圧倒される。

そこでミラは、サギリの継母からサギリが時々二重人格の症状を呈するという話を聞く。実母がサギリを出産するとき双子の兄がサギリに圧迫され死んでしまったこと、また負担の大きいお産で実母も死んでしまったことを気に病んでのことだろうと、継母は考えていた。

また、サギリの祖母である 宵 から、深山家の隆盛にまつわる話を聞く。宵の祖父である深山臀衛門は雷のなる夜に、黒い影のような存在から「100年間の繁栄とその後の滅亡」を契約させられた。
契約の100年はあと数年で終わり、既に深山家の滅亡が徐々に始まっているという。

やがて夏休みとなりサギリはミラを別荘に誘う。ミラや 深山家の家族、使用人たちなど十数名が集まった山奥の別荘で凄惨な連続殺人が発生する。

感想・考察

最初の方は、前作「山桃寺まえみち」の雰囲気に近く、学園青春物語風だったが後半からミステリーになっている。
とはいえオカルト色もつよく理詰めで犯人捜しができる感じではない。

桑山ミラというキャラクターを色々な環境に置いて化学反応を楽しむシリーズなのだろうか。

「気にしない」が座右の銘で、流されやすく時に相手を茶化しながら、それでも真摯に向かい合う。

そんなミラが不倫のごたごたに巻き込まれれば前作の様な雰囲気になるし、積年の恨みが起こす連続殺人事件に巻き込まれれば今作のような動きを見せる。

キャラクターがストーリーを引っ張る話は、勢いがあって面白い。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。