BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

Amazon Audible 登録30分で退会してみた

Amazon Audible 登録30分で退会してみた

こちらで購入可能

「本を読みたい」でも「読書だけしている時間はない」という忙しいあなた。
オーディオブックが一つの解決策になるかもしれない。

先日「Kindle for iOS × Siri でお手軽オーディオブック!」という記事を書いて、オーディオブックの専門サービスより「読み上げ機能でKindleを聴けばいい」という提案をしたが、Audibleの方もちゃんと試してみよることにした。

まず、私はサブスクリプション系のサービスが大っ嫌いだ。多少高くついてもできる限り「都度払い」にしている。常に契約を把握して管理しなければならないのが「メモリの無駄遣い」で嫌なのだ。

Kindle Unlimited は、自分にとってはオトク度が高すぎる神サブスクリプションなので利用しているが、それでも必要ない時は律儀に解約して「サブスクリプション的じゃない使い方」にしている。かえって面倒だという話もあるが、とにかくサブスクリプションが嫌なのだからしょうがない。

そんなわけで、Audible に手を出すときも、まず確認したのは「解約の手続きが分かりやすくて簡単か?」というポイント。
その点、Audible は退会リンクも分かりやすいところにあり、普段使わないパスワードを入力させるような陰湿さもなく、すんなりと解約できたので合格点だった。

以下ざっくり 「Audible の解約手続き」を説明していこう。

① ○○さん、こんにちは!  からアカウントサービスを選択。
② 「退会手続きへ」をクリック。
③「このまま退会手続き」をクリック。
④ 「退会理由」を聞いてくるので適当に答える。「思っていたのと違った」みたいな項目を選ぶと、「無償で他の本と交換できるよ」と言ってきたけど、ここは冷徹にさようなら。
⑤「退会手続きを完了する」をクリックで終わり!

ということで、実にあっさり簡単に退会できた。これだったら「必要なときだけ使うスタイル」で活用してもいいかもしれない。

ちなみに、会員期間中にコインを利用して購入したオーディオブックは退会後でも聴くことができる。初回であれば一冊は無料で入手できるので、お試し入会して即解約、入手したオーディオブックはゆっくり聴くという手もありだ。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。