BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

海外生活で 日本の Amazon Prime は維持すべき??

こちらで購入可能

Amazon Prime はめっちゃオトクです。
私もPrime Reading でかなりの数の本を読んでます。
Prime Videoでかなりの数の映画が見れるし、Prime Musicで音楽も聴けるし、500円/月 もしくは 4900円/月 で受けられるサービスとしては破格でしょう。

でも、日本以外の国に住んでいる方が日本のAmazon Primeに加入し続ける価値はあるのでしょうか。
Amazon Primeで提供されているそれぞれのサービスの海外での対応状況について、私自身の経験から語りたいと思います。

ちなみに、以下はオランダと香港で確認した限りの状況です。中国など制限が厳しい国では状況が異なると思われます。

各サービスの海外対応状況

Prime Video

Amazon Prime の主力サービスですが、海外からはほぼ使えません
ごく一部のビデオは海外からも視聴可能ですが、正直一つも面白そうな作品はありませんでした。
VPNを使えば日本で配信されている動画にも接続可能でしたが、安定しません。
Netflix や Huluなど、動画配信系のサービスはほぼ海外で視聴できないので、Amazonの問題というより、権利関係のめんどくささなのでしょう。
いずれにせよ「Prime Videoが一番の目当て」という人は、Prime解約したほうが良いです。

Prime Reading

Kindleの本を無料で読めるサービスです。これは海外でも問題なく使えています。
対象は数百冊程度ですが、毎月新しい本が何冊か更新され、結構話題の本も含まれてます。数十万冊が対象になっている Kindle Unlimitedに加入しているなら価値はないですが、月数冊程度無料で読みたいという人であれば価値あるサービスでしょう。
これだけでも500円/月は元が取れます。

Prime Music

200万曲が聴けるストリーミングサービスです。これも今のところ海外から使えてます
更に6500万曲まで聞ける Amazon Music Unlimited というサービスもありますが、 それと比べても Spotifyの無料プランの方で十分という感じです。
Prime Musicがキラーサービスだ、と感じている人は少ないでしょう。

配送サービス

「お急ぎ便」が無料になるサービスですが、そもそも日本に住んでないと「モノ」を送る機会が激減します。このサービスの意義はほとんどなくなると言えるでしょう。グローバル配送をする場合は全くメリットありません。

ただ、一時帰国などで滞在日数が限られているときに確実に受け取るためには役に立つので、そういう機会が多い人には意味があるかもしれません。まあそれなら、必要な月に都度入会でいいかもしれませんね。

ポイントアップ

Amazonの発行するAmazon Mastercardを使い Amazonで買い物した場合、Prime会員のポイント還元率は 2%となります。非会員は1.5%なので、0.5%の上乗せということになります。
ポイントだけで考えると、日本のAmazonで年間100万円程度の買い物が損益分岐点になるので、海外在住者にはハードルが高いでしょう。


ただ海外在住者でも日本発行のクレジットカードは必携ですし、使い勝手の良いAmazonポイントに還元される Amazon Mastercard 自体はお勧めです。イシュアは三井住友カードで、システム面でも信頼性の面でも悪くないと思ってます。

Amazon Mastercardクラシック(最大2%ポイント還元)

Primeを維持したほうがいい人、解約したほうがいい人

Amazon Primeを維持したほうがいい人

・日本に帰国する機会が多く、期日を限って荷物を受け取りたい人。
・Prime Readingで月数冊は本を読んでいるという人。
・Primr Musicで音楽を聴きたい人。

Amazon Prime を解約したほうがいい人

・日本帰国の機会が多くない人。帰ったときくらいは実店舗で買い物したい人。
・使うサービスは Prime Videoぐらいだった、という人。
・Kindle Unlimited とか、Amazon Music Unlimited など、有償サービスに移行している人。

「海外在住であれば大半の人にとって Amazon Primeを継続する価値はなさそうだ」という結論になりそうです。
自分は Prime Reading の一点だけで残していますが。。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。