BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

ヴィーヴルの眼

ヴィーヴルの眼

こちらで購入可能

高度な頭脳戦×追いつめられるサスペンス×壮大なSF×分かりやすい黒幕、盛りだくさんのミステリ!

要約

高校生の 宇佐美史郎と橘 千奈津 は、クラスメートの仁科が襲われた事件に関して生徒会長の一条から情報収集を依頼される。

宇佐美たちは 仁科の周囲を調べていたが、その最中に 一条が飛び降りて死んでしまう。

学校側では「一条の自殺は、生徒会資金の使い込み露見が理由」と判断したが、宇佐美宛に届いた「一条からの手紙」に仁科事件の犯人が示されていたことで事件は展開していく。

「一条からの手紙」には次のターゲットが千奈津であるとも書かれていたため宇佐美は千奈津を守るために動き出す。

感想・考察

盛りだくさんの楽しさだ。

「デスノート」とか「ライアーゲーム」的な頭脳戦や「ガンダム」的なニュータイプと強化人間の悲哀だとか、完璧なまでに黒幕っぽい黒幕だとか。

色々な要素を詰め込みながら、二転三転するストーリーが破綻なく進行していくのもすごい。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。