BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

新章 神様のカルテ

こちらで購入可能

あらすじ

地域の基幹病院から大学病院に異動した栗原一止。
ハルとの間に生まれた小春と3人で暮らす。

優秀な医師や最新設備など巨大なリソースを持ちながら、様々なしがらみに絡み取られ、患者を第一に考えることができない大学病院の矛盾と向かい合っていく。

29歳の若さですい臓がんを患った女性の物語を軸に、それぞれの真摯さで医療に取り組む大学病院を描く。

感想・考察

 主人公の一止が成長し、惚れ惚れするほど格好良くなっている。
尖った「変人」要素は失わないまま、幅広い価値観を受容する懐の広さを身に着けている。

学生時代から始まり、医者になり、夫婦となり、子供を持つ。
そのステージの移り変わりを心から楽しんでいる。

自分自身のステージの移り変わりと重ね合わせると感慨深い。

このシリーズでは、いつも心に残るセリフがいくつかある。
今作では「勇気とは重圧の中での気高さである」という言葉が素晴らしい。
息苦しい毎日だけれども、気高くありたいと思う。

こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。