BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

100回泣くこと

こちらで購入可能

あらすじ

地元から離れ会社勤めをしている藤井に、実家の母から電話が来た。彼が浪人生の頃に図書館で拾った犬「ブック」の体調が悪いと言う。

「ブックは藤井のバイクの音が好きだった」という話を聞いていた恋人の佳美は、藤井にバイクで実家に戻ることを提案する。
4年ほど放置していたバイクは錆び付きボロボロだったが、藤井は丁寧に修復していった。

牛丼を差し入れ、キャブレターの分解整備を手伝う佳美に、藤井はプロポーズした。
二人は1年後に結婚することを約束し、「結婚の練習」として同棲を始める。

バイクの起動に成功し、バイクに乗って実家に戻った。ブックの体調は悪かったが、藤井の顔を見てから徐々に回復していった。

バイクを直し、ブックが回復し、二人の生活が始まる。
幸せの連鎖を感じる藤井だった。

だが同棲を始めて数ヶ月後して、佳美が体調を崩すことが多くなった。佳美は実家に戻りかかりつけの病院で検査をし、子宮がんの恐れがあると診断された。

仕事の忙しさがピークを迎えていた藤井だが、佳美のため自分にできることをしようと決意した。

感想・考察

一緒に牛丼を食べキャブレターの修理をしていたら、プロポーズしたくなる気分は分かる。

何気ない幸せを一緒に感じられる人は貴重だし大切だと思う。
そしてその何気ない幸せは永続するものではない。

佳美は「私たちは世界のいろんな思念を継いでいる」という。
お互いが影響を与えあって混ざり、世界には人の数だけの物語が流れていく。

自分も誰かの物語を継いでいるし、自分の物語も誰かに影響を当てえていくと思うと、永続しないことの悲しさが少しだけ慰められるのかもしれない。

こちらで購入可能