BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

幻覚少女

幻覚少女

こちらで購入可能

あらすじ

大学生の菅原創は、自殺の名所である橋の上で、日下弥生と名乗る幽霊と出会う。

弥生に憑かれた創がアパートの部屋に戻ると、そこにはもう一人、朱美と名乗る幼女の幽霊もいた。朱美は以前から創の部屋に憑いていたが、創が弥生に動じないことに安心し自分も姿を現したのだという。

弥生は創に復讐への協力を依頼する。

彼女は30年前のトンネル内落盤事故で死んでいた。当時県知事だった久我あさひ が、道路管理費削減のため管理会社を変更したことが原因だと言われていて、久我に裏金が回っていたのではという噂もあった。
久我が県知事に当選した時にも、対立候補者が不可解な状況で辞退するなど、何か裏があるのではないかという話もあった。
彼は県知事を務めた後は国政に移り、今では国会議員となり厚生大臣の職に就いていた。

弥生は創にヤクザの部屋から拳銃を盗ませた。
弥生は壁をすり抜けたり、人を脅かしたりはできるが、物理的な力は赤ん坊程度で、ものに触って動かせる生きた人間の協力が不可欠だった。

久我は毎年決まった日に、SPも伴わずに墓参りをする習慣があった。
弥生は久我が一人きりになる墓参りの時間を狙い、盗んだ銃で彼を殺そうと準備を進めた。殺害の時間、創は他の場所でアリバイができるよう弥生は配慮していた。

創は30年前の事件の詳細を調べた。
朱美から幽霊がこの世に留まるシステムも聞いた。
そこで彼は、弥生が見ているのは異なる真実を見つける。

感想

再読なのにがっつり泣かされた。

短くテンポも良いのでサラッと読める。だけれども心に深く残る作品だ。

登場する3つの家族のそれぞれの愛情の姿が描かれるラストシーンでは、涙が止まらなかった。
不幸な出来事やすれ違いで歪んでしまった家族関係が、周囲の人の思いを受けて修復されていく様が感動的なのだ。

多くの人に読んで欲しい作品。

ちなみに『少女症候群』という短編集に本作品も収録されている。
そちらに収録されている『脱水少女』『禁断少女』も面白かったので、購入されるならそちらもオススメ。
どれも Kindle Unlimitedの読み放題対象。


こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。