BookLetでは、ビジネス書や小説の1000文字程度のオリジナルレビューを掲載しています。

閻魔堂沙羅の推理奇譚 落ちる天使の謎

閻魔堂沙羅の推理奇譚 落ちる天使の謎

こちらで購入可能

あらすじ

閻魔堂沙羅の推理奇譚』シリーズ第5弾。

  • 第1話 澤木夏帆 23歳 元バドミントン選手 死因 轢死

澤木夏帆はバドミントンの才能に恵まれていた。
オリンピックへの出場経験もあったが、ケガで引退し、それ以降はバドミントン教室のコーチとしてゆるく働いていた。

日本のバドミントンを盛り上げてきた夏帆の父が亡くなる。
葬儀に集まった 姉の南緒、日本代表監督の稲葉、急成長している選手の志田たちは、かつて夏帆が「才能に頼って努力をしなかった」ことを責め、彼女の現役復帰には反対していた。

だが夏帆は、父が死の直前に書いた「つづけろ」というメッセージに心動かされ、密かに復帰を試みる。怪我が回復したことを実感した夏帆は、練習熱心な小学生の静香を相手にトレーニングを開始した。

ある日いつも通り体育館に来ない静香を心配した夏帆は、自転車で彼女の自宅に向かった。だが何者かにブレーキが壊され、坂の下で車に轢かれ死んでしまう。

夏帆は生き返りを賭け、推理ゲームに挑戦する。

  • 第2話 相楽大地 17歳 高校生 死因 圧死

イケメン高校生の相楽大地は、いじめられていた同級生の神里亜弥に恋をする。

亜弥はクラス女子の中心的存在の佐々岡鳴海と仲が良かったが、いつからか仲違いし、クラスでいじめられるようになった。

大地は「なぜ亜弥と仲たがいしたか」を鳴海に聞くが彼女は答えず、その日で学校をやめるという。心配になった大地と亜弥は鳴海の家に向かい、家を飛び出した彼女を追いかけた。
鳴海は、少し前に学校を辞めた教師の家に行って何かを話していて、大地が後を追おうとすると姿を消してしまった。
何かに思い至った亜弥は、大地に「学校に向かって」といった。敷地にたどり着くと亜弥は敷地に入ると校舎の上に駆け上がる。その直後直後、亜弥は屋上から転落し、受け止めようとした大地はそこで息絶えてしまった。

亜弥の生死が気になる大地は、生き返りをかけた推理ゲームに臨む。

  • 第3話 土橋昇 39歳 子会社社長 死因 渇え死に

20年ほど前、土橋昇が高校生だった頃、友人の勇介に誘われ、彼の父和正が持つクルーザに乗る。

不幸にしてクルーザーは事故にあい和正は死んでしまったが、土橋と勇介、その2歳の弟 秋輔の3人は生き残り、救命ボートに乗り海上をさまよっていた。

やがて3人は岩場にたどり着いたが、土橋は隠し持っていた水を独り占めするため、勇介を置き去りにして岩場を去ってしまった。

その直後、土橋と秋輔は通りかかった船に救出される。土橋は2歳の秋輔を救ったとして勇介の親族に感謝され、後日彼らが経営するグループ企業子会社の社長職を与えられていた。

今回、土橋は長期休暇に一人別荘で過ごすことにしたが、地下のオーディオルームに監禁されてしまう。そこで土橋は20年前に死んだはずの勇介の聞いた。

監禁されたまま死んでいった土橋は、生き返りをかけ「誰が自分を監禁したのか」を問う推理ゲームに挑む。

感想

シリーズ新刊が出たので、以前の話を読み返してみた。
シリーズ5作目にして様式美がクセになってくる。

3話目はかなり際どい変化球だが、フォーマットに則っているから収まりのいい話になっている。ちゃんと解決編の前に情報が提示されていて「分かっていることだけで推理できる」論理パズルとしては、やっぱりフェアだ。

シリーズ1作目あたりでは「閻魔大王の審判」らしく、白黒はっきりした勧善懲悪ものだったけれど、徐々に複雑な心理が描かれるようになった気がする。

目標に向かう真剣さを問う1話目、優男が人への想いで強くなる2話目、人の狡さを描く3話目、それぞれに作者の思想が感じられる。
面白くなってきた。



こちらで購入可能

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。